ノウハウ

Chromeから乗り換えるならBraveブラウザが最適!【安心のネット閲覧】

こんにちは。よっしーです。 今回は、Braveというブラウザについてご紹介いたします。 先日、Macの設定についてご紹介したので、今回は自分が使用しているソフトウェアについてシェアしたいと思います。 多くの方がお世話になっているであろうWe...
ノウハウ

【必見】忘れがちなMacのおすすめ設定

こんちには。よっしーです。 今日は、自身が設定しているMACの設定内容をご紹介します。 先日、新しいMACに交換する機会があり、MACの設定をすることになりました。 設定して1,2年経っているので、どんな設定をしたかを思い出せませんでした。...
ノウハウ

【GitHub】SSH接続の方法とメリットについて解説します【初心者向け】

この記事は、GitHubにSSH接続する方法と、SSHのセキュリティと便利さについて説明しています。また、SSH接続を設定する手順を詳しく説明しています。SSHは、安全な通信を行うためのプロトコルであり、リモートでのコンピュータの管理やファイル転送、トンネリングなどに使用されます。SSH接続を使用することで、より安全で便利なGitHubの利用が可能になります。SSHキーを生成してGitHubに登録することで、GitHubにアクセスする際にパスワードを入力する必要がなくなります。SSH接続は、GitHubの使用をよりセキュアかつ便利にするために推奨される方法です。
ノウハウ

非エンジニアでもわかる!GitHubの使い方とベストプラクティス

こんにちは。よっしーです。 今日は、GitHubについて説明します。 先日、GitHubアカウントを作成する機会があったので、GitHubのアカウント作成とリポジトリ作成した内容をシェアしたいと思います。 GitHubとは GitHubは、...
ノウハウ

ブログにソースコードをハイライト表示する方法

この記事は、ブログ記事でソースコードをハイライト表示する方法について説明しています。ハイライト表示により、コードの可読性が向上し、コードの説明や誤りの発見が容易になります。記事は、ハイライト表示する手順やメリットについて詳しく説明し、コードのエラーを発見するためにハイライト表示を行うことが重要であることを示唆しています。また、プログラマでなくても簡単にハイライト表示を設定する方法が説明されています。
ノウハウ

【実践】JWTの作成と検証

こんにちは。よっしーです。 今日は、JWTについて説明します。 JWTを業務で使用することがあり、jwtについて調べましたので、その共有になります。 まず、「JWT」の読み方ですが、「ジェーダブリューティー」ではなく「ジョット」と読みます。...
ノウハウ

【重要】MACのRosettaの確認方法と対応アプリケーションについて解説

この記事は、MACのRosettaについて説明しています。Rosettaは、Appleが開発したプロセッサ間の互換性を実現するための技術であり、M1チップを搭載したMacでIntelベースのアプリケーションを使用することができるようになります。Rosettaを使用する場合、アプリケーションのパフォーマンスが若干低下する可能性があります。Rosettaの確認方法と、MacにRosettaをインストールする方法についても説明しています。
ノウハウ

Macで日本語入力が苦手な方必見!Google日本語入力のインストール方法と使い方

Macでの日本語入力における問題と解決策に焦点を当てた記事です。Googleが提供する日本語入力ソフトウェア「Google日本語入力(IME)」を紹介しています。記事では、Macで日本語入力に関する問題として、入力が誤認識されることが挙げられます。Google日本語入力を使うことで、この問題の解決をめざしています。
ノウハウ

nanacoクレジットチャージのクレカ変更で困ったこと

nanacoモバイルのクレジットチャージを変更したくてセブンカードに入会したが、クレジットチャージのパスワードを忘れ、クレジットカードの情報もわからなくなってしまった。これでは、セブンカードでクレジットチャージができない。しかし、nanacoのサポートセンターに電話した結果、パスワードの変更方法やクレジットカードの情報を削除してもらい、問題は解決した。
ノウハウ

代表的なキーワードツール4選

この文章は、キーワードツールがSEOやPPC広告においてどのように役立つかを説明しています。キーワードツールは、Googleなどの主要な検索エンジンが提供する検索ボリュームデータ、競合度合い、予測されるクリック単価などのデータを分析し、適切なキーワードを見つけるためのツールであり、特定のキーワードが検索エンジンでどの程度の検索ボリュームがあるか、競合他社がどの程度そのキーワードに対して入札しているかを確認することができます。文章はまた、代表的な無料のキーワードツールについても紹介しており、有料版ではより詳細なデータや機能が利用可能になる場合があるため、必要に応じて有料版を検討することも重要であることを述べています。